家庭環境が悪くても人生なんて、なんとでもなる。

職場の人間関係を良好にする方法やメリットを徹底解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マウンティングひしめく毒親ジャングルを、その圧倒的なメンタルで生き抜いてきた、サブカル系Webライターひがち。HigaChi LABO(ひがちラボ)のマスコットキャラクターとしてブログサイトを運営するのみならず、ひがちnote編集長、ハイボールがぶ飲み隊長、BtoB向けのマーケティング活動など、勢いが止まらない。「家庭環境に悩む子供は漫画喫茶に連れていけば全回復する」というのが持論。間違えている。
詳しいプロフィールはこちら

 

みなさん、おはようございます。ひがちです

 

突然ですがみなさんは日々会社で働く中でこんな悩みはありませんか?

  •  職場の人間関係に悩んでいる
  • 上司と合わない・・・
  • 社風が合わない・・・

 

このように「職場の人間関係」についての悩みは、年齢・性別に問わずよく耳にします。

 

仕事の場合、プライベートとは違って価値観が合わなかったとしても、円滑にコミュニケーションを取る必要がありますよね

 

ですから、意識的に社会人としてコミュニケーションをとることが重要です。

 

しかし、社会人として職場で人間関係を良好にする方法って意外と誰も教えてはくれませんよね。

 

そのため、多くの人が職場でのコミュニケーションに苦しみ、自分を必要以上に責めたり、転職を考えたりしてしまいます。

 

そこで今回は職場の人間関係を良好にするための方法やメリット、良好な人間関係を構築するのが上手い人の特徴をご紹介します!

 

目次

良好な人間関係とは?

 

この社会で生きていく上で人との関わりは避けて通ることはできません。

 

そして、良好な人間関係を築く能力は大切であると、誰もが思うところです。

 

では、そもそも、良好な人間関係とはどのような状態なのでしょうか?

 

まず考えられることは「自分に合った無理のない人との関わり」と定義できます。

 

友達が沢山いるとか、どこに行っても誰とでも仲良くすることができる!といったことだけが良好な関係とは言えません。

 

少数の友人と深く関わることができる人がいれば、広く浅く人と関わる人もいます。

 

つまり、様々な場面で必要な人間関係を、ストレスの少ない形で築いていくことができればいいのかもしれませんね。

 

職場における良好な人間関係とは?

 

 

仕事を進めていく上で重要なのが、同じ組織の人との信頼関係です。

 

職場の人間関係が良好であれば、仕事で起こる問題やトラブルを解消しやすくなります。

 

例えば、仕事で問題が発生した際に、「相談に乗ってほしい」「力を貸してほしい」と言い合える関係が理想的で、この状態は良好な人間関係を築くことができていると言えます。

 

なぜ、良好な人間関係を構築しなければいけないのか?

 

 

会社員の場合、1日の大半は組織の仲間達と過ごすこととなります。そのため、会社員にとって「人間関係」は最も重要な要素です。

 

そして、良好な人間関係を構築することにより、仕事がやりやすい環境やポジショニングを作ることができます。

 

また、良好な人間関係を構築するメリットは以下の通りです。

 

良好な人間関係を構築するメリット
  • 心理的に楽になり、コミニュケーションが円滑になる。
  • 組織力が向上し、困っている時に助けてくれる人が増える。
  • 気兼ねなく質問や相談ができるようになる。
  • 出世できる可能性がある。

 

それでは、それぞれ細かく説明していきます。

 

良好な人間関係を構築するメリット①|心理的に楽になり、コミニュケーションが円滑になる。

 

 

 

職場で良好な人間関係が構築されていると、心理的に安心して働くことができます。

 

そして、心理的安全性が確立されることで、職場の居心地が良くなることから、職場内でのコミュニケーションも円滑になります。

 

そうすることで、以下のメリットが生まれます。

  • 組織の目指す方向性を共に目指すことによって会社の目標を達成しやすくなる。
  • 自分の考えや意見に共感し応援してくれる人ができる。
  • 会社で自分のやりたいことを実現しやすくなる。

会社全体のモチベーションが高まり、仕事に専念できる環境に繋がります。

 

「職場の人となかなか仲良くなれなくて、孤立感を感じる」
「自分が思っていることが言えないから、毎日仕事へ行くのがイヤだ」

 

と感じている方は、職場で頼れる人を見つけるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

良好な人間関係を構築するメリット②|組織力が向上し、困っている時に助けてくれる人が増える。

 

 

心理的安全性が確立されている組織は、意見交換が活発になることで「成果」につながりやすくなります。

 

自分1人ではできないことも、組織の仲間とならできることも増えます。

 

また、率先して仕事仲間をサポートする姿勢を心がけることで、味方になってくれる人を増やすきっかけにもなります。

 

「こんな質問や相談をしてもいいのだろうか」と迷う時間が生まれないため、組織の生産性が高まります。

 

 

良好な人間関係を構築するメリット③|気兼ねなく質問や相談ができるようになる。

 

 

仕事は様々な人の力を借りたり、協力し合ったりして、進めていくことが多いと思います。

 

そして、職場で良好な人間関係が構築されていると意志疎通がスムーズなため気兼ねなく質問や相談ができます。

 

誰にも相談できずに、ひとりで問題を抱え込んでしまって、結果的に大きなトラブルになってしまうこともあります。

 

まずは、仕事の役割分担や業務量の調整、周りとの人間関係など、仕事に関わる悩みを話しやすい雰囲気を作っておくことが重要です。

 

良好な人間関係を構築するメリット④|出世できる可能性がある。

 

 

良好な人間関係を構築できれば、上司や同僚からの評価が上がりやすくなります。

 

また、良好な信頼関係が構築されていると、以下のメリットが期待できます。

  • 自分の意見を上司がポジティブに捉えてくれるようになる。
  • 上司や先輩から貴重な情報やアドバイスがもらえることがある。

 

上司や同僚など、周りの評価が良いということは、お金で買えない価値です。

 

とくに仕事において、有益な情報を教えてくれる上司や先輩はとても大切です。

 

つまり、上司や先輩の信頼を得ることで、キャリアアップの道を進みやすくなります。

 

良好な人間関係を構築する方法

 

 

学校や職場などで人間関係の悩みを抱えているという方は少なくありません。

 

誰もが良好な人間関係を築きたいと思っているものの、実際に行動に移すとなると難しいですよね

 

ここでは、良好な人間関係を構築するための方法を紹介します。

 

良好な人間関係を構築するための方法①|積極的にコミニュケーションをとる

 

 

当たり前のことですが、良好な人間関係を構築するためにはコミュニケーションが大切です。

 

そもそも自らコミュニケーションを積極的に取ろうとしなければ、人間関係を築くことができません。

 

そのため、どのような方法であっても、まずは勇気を出して相手とコミュニケーションを取ることが必要です。

 

また、人間関係を構築するために必要なコミニュケーションは以下の通りです。

 

  • あいさつをする
  • 笑顔を心がける
  • 感謝の気持ちをしっかりと伝える
  • 相手に興味を持って接する
  • 傾聴の姿勢をもつ
  • 報連相を徹底する
  • 嘘や隠し事をしない
  • 間違ったときは素直に謝る

 

まずはこの中から1つでも良いので積極的にコミニュケーションをとってみましょう!

 

良好な人間関係を構築するための方法②|相手の立場になって物事を考える

 

 

良好な人間関係を築く方法として、まずは相手の立場になって物事を考えることが必要です。

 

どんな人でも、多種多様な価値観を持っているものです。まずは自分の意見ばかり主張せず、その価値観を尊重することが大切です。

 

もっと簡単に言うなら、相手と自分の価値観が違うということを前提にコミュニケーションを取ることが重要です。

 

そうすることで、相手を尊重しながら、自分自身も大切に思えることができるので、ストレスを軽減することにもつながります。

 

良好な人間関係を構築するための方法③|みんなが不快に感じる言動をしない。

 

 

言葉のやりとりはコミュニケーションの基本です。そのため、一つ一つの言動には慎重にならなければいけません。

 

もし今の人間関係がうまく行っていないのは、アナタが相手の不快に思う言葉を発している可能性があります。

 

また、言葉だけでなく、態度や行動などにも注意が必要です。

 

良好な人間関係を構築するための方法④|誠実さが大切。

 

 

良好な人間関係を構築するというのは、難しいことのように思えますが、基本的な誠実さがあればトラブルになることはありません。

 

まず相手を思いやる誠実さを第一に考えましょう。

 

良好な人間関係を構築するのが上手い人の特徴

 

 

すぐに人と打ち解けて、人間関係を構築するのが上手い人と、そうでない人っていますよね。

 

なぜなら、良好な人間関係を構築するための、必要なポイントを押さえているからです。

 

ここでは、良好な人間関係を構築するのが上手い人の特徴を、ご紹介します。

 

良好な人間関係を構築するのが上手い人の特徴①|何気ない会話を大切にする

 

 

良好な人間関係を構築するのが上手い人は、構えることなく、何気ない会話や雑談を大切にして、ギブする(与える)姿勢が特徴的です。

 

ギブ(与える)する姿勢で、相手に会話を振るなど、自分から働きかけている人が多いです。

 

特にこのギブ(与える)する姿勢は、返報性の法則という、お返しをしたいという心理を相手に働きかけることができます。

 

例えば以下の通りです。

  • 同僚のピンチを救うことで今度は逆に助けてもらえる。
  • 職場で協力者が増えることで自分のやりたいことが実現する。

 

他人は基本的にコントロールすることができませんが、自分が主体的に行動を起こせば、周りの環境を変えることができます。

 

自分から積極的に何気ない会話を行うことで、協力者を作るきっかけになります。

 

良好な人間関係を構築するのが上手い人の特徴②|相手の長所を見つけようとする。

 

 

人には必ず良い部分と悪い部分があります。

 

相手に苦手意識をもつと、悪い部分ばかりに目がいってしまい、良い部分に気づけません。

 

つまり、良い部分に目がいくと相手を尊敬でき、人間関係の構築によるストレスを減らせます。

 

まずは、悪い部分ばかりを見るのでなく、別の視点をとり入れることで、今まで気づけなかった良い部分に気づけるきっかけになります。

 

良好な人間関係を構築するのが上手い人の特徴③|ちゃんと約束を守る。

 

 

良好な人間関係を構築する上で、何よりも重要なのは、相手の約束を守るということです。

 

例えば職場で「今度ごはんに行きましょう」という会話はするものの、実際に行かないことってありませんか?

 

これもある意味、ひとつの約束ということになります。

 

「いつも言葉で言うけど、行く気がないんだな」「約束を守れない人なのかな」と思われたら、そこから人間関係を築いていくのは困難です。

 

「言ったことをちゃんと実行する」「約束は守る」などの行動を一つ一つ積み重ねていくことで、良好な人間関係の構築につなげていきましょう。

 

人間関係で悩んだ時の対処法

 

 

職場の人間関係に悩んだ時の代表的な対処法は、以下のとおりです。

 

  • 原因を考える。
  • 仕事と割り切る。
  • 身近な人に相談してみる。
  • 部署移動を希望してみる。
  • この際、転職する。
  • スキルをつけてフリーランスになる。

 

もし職場の人間関係に悩んでいるなら、転職やフリーランスをめざすのもありです。

 

特に職場の人間関係は、思いどおりにいかないことが多いです。

 

あまりにも今の人間関係が辛いのであれば、転職やフリーランスへの転向も視野に入れてみることをおすすめします。

 

人生100年時代、一度きりの人生です。

 

今の働き方に固執せず、自分に合った働き方を模索してみるのも良い手法です!

 

まとめ|良好な人間関係を構築して自分らしい人生を送ろう!

 

 

基本的に人間関係は理想通りにいかないものです。

 

もし、今人間関係に悩んでいるのであれば是非とも本記事を参考に「日々の小さな約束を守る」「何気ない会話を大切にする」といったことを意識する所からはじめてみましょう。

 

その小さな積み重ねが、いずれ大きなものや価値となって、良好な人間関係を築くきっかけになってくれます。

 

相手も人です。

 

まずはあなたの方から主体的にコミニュケーションをとってみては如何でしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マウンティングひしめく毒親ジャングルを、その圧倒的なメンタルで生き抜いてきた、サブカル系Webライターひがち。HigaChi LABO(ひがちラボ)のマスコットキャラクターとしてブログサイトを運営するのみならず、ひがちnote編集長、ハイボールがぶ飲み隊長、BtoB向けのマーケティング活動など、勢いが止まらない。「家庭環境に悩む子供は漫画喫茶に連れていけば全回復する」というのが持論。間違えている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© HigaChi LABO , 2022 All Rights Reserved.